• 気になる項目を今すぐCHECK!
  • 歯も美白したい!
  • まるで本物の歯
  • ステイタスUP?!
  • リフトアップ!
  • 息、いつでも清潔
  • 顎からきれい
HOME > まるで本物の歯のように(審美補綴物)

まるで本物の歯のように(審美補綴物)

症状とニーズによって最適のものをアドバイス! 審美補綴物
「審美補綴物」とは、「かぶせ物」「差し歯」と呼ばれ
“クラウン”や“インレー(詰め物)”などの総称です。
素材によって、効果や費用でメリットデメリットがありますので、下記で説明いたします。

保険補綴物と、審美補綴物との違い

保険補綴物と、審美補綴物との違い

保険適用の補綴物の「硬質レジン」などは、安価というメリットがある一方、主に樹脂を用いており長年使うと水分を含んでくるため時間が経つと変色しやすく、プラーク(歯垢)も付きやすいため歯茎のトラブルを引き起こす可能性があります。

一方、保険適用外の審美補綴物は主にセラミックでできており、セラミックだと水分を含まないので変色しにくいというのが特徴です。
また、セラミックはプラーク(歯垢)がつきにくいのも特徴です。

審美補綴物の種類

オールセラミック
オールセラミック(クラウン・インレー・ラミネート)

変色が少なく、強度もあり、保険適用外ではありますが最もおすすめできる種類です。金属を使わないので、金属アレルギーの方にもおすすめです。
一見、価格が高いように見えますが、やり直しなどが少ないので、長期的に見ると経済的にもよいといえます。
セラミックの中でも、「e-Max」は、通常のセラミックよりも強度がより強いのでおすすめです。

【 オールセラミックの料金 】
クラウン(かぶせ物) 120,000円(税別)~150,000円(税別)
インレー(詰め物) 60,000円(税別)

ラミネートべニア
ラミネートべニア

少し歯の表面を削り、そこに薄いセラミックを貼り付けるものです。
白く美しく仕上がりますが、健康な歯を削らないといけないので、事前に医師としっかりと相談しましょう。

【 ラミネートべニアの料金 】
オールセラミック 120,000円(税別)

ハイブリットセラミック
ハイブリットセラミック

樹脂を含むので長年使うと変色しますが、歯と同程度の強度があるといわれています。
価格も、レジンとセラミックの中間くらいです。

【 ハイブリットセラミックの料金 】
クラウン(かぶせ物) 50,000円(税別)
インレー(詰め物) 30,000円(税別)

ジルコニアセラミック(クラウン)
ジルコニアセラミック(クラウン)

ダイヤモンド代用石としても使われていることから強度が強いといわれており、歯ぎしりのある方への使用が向いています。
金属を使わないので金属アレルギーの方も安心です。
人工関節などにも使われており、生体親和性も高いといわれています。
奥歯などは、オールジルコニアがおすすめです。

【 ジルコニアセラミック(クラウン)の料金 】
100,000円(税別)

メタルボンド(クラウン)
メタルボンド(クラウン)

金属の表面にセラミックを焼き付けたもので、強度はありますが、光を通したときの白さはオールセラミックなどよりは劣ります。

【 メタルボンド(クラウン)の料金 】
80,000円(税別)

美しい詰め物・かぶせ物を、たった一日で。しかもお安く。

保険補綴物と、審美補綴物との違い

医療先進国、ドイツSirona社の
「セレック3D」システム。


通常は、歯科技工所を通して作製する、詰め物やかぶせ物。

セレックシステムは、最先端の3D光学カメラを使用して歯を撮影し、コンピューター機器で詰め物やかぶせ物を作製します。また素材は審美性に優れたセラミックを使用し、色味もご自身にあったものをお選びいただけます。

そのため、
★ 歯型をとる必要がない
★ 歯科技工所を通さないので、その分安くできる
★ その日に補綴物が出来上がる
★ セラミック素材なので、審美性に優れている
★ アレルギーをお持ちの方にも安心
★ 着色しにくい
★ バリエーション豊かなセラミックブロックから、ご自身の歯にあう色を選定できる

などのメリットがあります。

セレック治療の流れ Step 1
硬質レジン(クラウン)

歯を削り、その後、詰め物・かぶせ物を作製する歯を3D光学カメラで撮影します。

歯型をとる必要がありませんので、不快感を感じるこもありません。数秒の作業でセレックのモニターに歯並びが再現されます。

セレック治療の流れ Step 2
硬質レジン(クラウン)

3D画面上で、詰め物・かぶせ物の設計を行います。

コンピューターのモニター上で噛み合わせや歯の形を様々な角度から検証し、理想の形に整えていきます。

設計を行った後、患者さまにあう、最適な色のセラミックブロックを選定します。

セレック治療の流れ Step 3
硬質レジン(クラウン)

ミリングマシン(CAM)に選定したセラミックブロックを設置します。

設計したデータを基にミリングマシンが削り出しを行います。

セレック治療の流れ Step 4
硬質レジン(クラウン)

ミリングマシンで作製が完了した詰め物・かぶせ物を口腔内にセットして完了です。

ステップ1~ステップ4までは、約1時間程度となります。
※よりつややかな表面に仕上げるには、焼き付けの作業が入り、+1時間ほどとなります。

審美補綴物のビフォーアフターはこちら